THE WAR OF EMPERIUM 攻城戦システムについて
ラグナロク攻城戦はアジトを占拠する為のギルド間の戦争です。

大規模ギルドだけが活動して戦闘をする既存の攻城戦の概念とは違い、
小規模の戦闘を通してより多くのギルドが攻城戦を楽しめ
更に多くの活動をゲームの中でできるのが特徴です。
アジト内部のエンペリウムを破壊して、攻城戦を勝利に導けば
そのアジトは勝利したギルドの所有になります。アジトを所有した
ギルドには大きな補償があるのでギルドメンバーまたは他のギルドと
連合して、アジトを攻撃して下さい。

1週間にたった1度のチャンス!
攻城戦は決まった時間にだけ行うことが可能です。


毎週 日曜日
午後8時〜午後10時まで
(20時〜22時まで)

ギルドスキルの「正式ギルド承認」を取っているギルドだけが攻城戦に参加することが出来ます。
プロンテラ、アルデバラン、フェイヨン、ゲフェンにそれぞれ5箇所ずつ計20箇所のアジトが用意されております。
詳しいアジトの位置とフラッグの位置は、こちらのページで確認できます。
プロンテラ
アルデバラン
フェイヨン
ゲフェン
ギルド攻城戦 アジト特有のルール
-ダメージ表示がされません。
-すべてのエフェクトが簡略化されて表示されるようになります。
-ギルドに加入しているキャラクターの頭上にギルドのエンブレムが表示されます。
-スキル「インデュア」やインデュア効果のアイテムを使うことが出来ません。
-戦闘不能になれば自動的にセーブした町に戻され、経験値の減少はありません。
-「アイスウォール」「バックステップ」を使うことが出来ません。
-ノックバックするようなスキルを使ってもノックバックしません。
-「テレポート」と「ハエの羽」は使うことが出来ません。ただし「蝶の羽」は使うことができます。
-フェンカードによる詠唱中断されないというオプションは、動作しません。
-スキル「インティミデイト」は使うことができません。
-Ctrl+左クリックで対象への攻撃をロックできません。(ただし、攻撃時に左クリックを押し続ける事により、連続で攻撃することができます)
-攻城戦での戦闘はギルド単位ではなくパーティー単位で行います。
パーティーに影響があるスキル(グロリア、エンジェラス、アドレナリンラッシュ等) は同じパーティーのメンバーにだけ適用されます。
-同盟ギルドのアジトのエペルリウムを攻撃することができないし、功城時には同盟ギルド間では攻撃することができません。
-攻城戦時間中には、同盟を組むことが出来ません。
-開始時間前に所有ギルドメンバー以外の人がアジト内いると開始と同時に強制的にセーブポイントへ戻されます。
-功城戦の時、魔法によるダメージが50%になります。
-功城戦の時、遠距離物理攻撃によるダメージが少し減少します。弓ダメージ60%、罠60%に
-アジト内では、トラップの通常の持続時間の4倍になります。
-アジト所有ギルドメンバーは、所有アジト内でのHP/SP回復速度が向上します。

ギルドアジトの象徴であるエンペリウムは、回復や補助魔法などには影響を受けず直接的な物理、魔法攻撃にだけダメージを受けます。
(現在、プリースト系スキルのサンクチュアリによる回復のみ可能です。セイフティーウォールで保護も可能)
アジトを占拠したギルドのギルドメンバーは、アジト内でHP/SP回復が早くなります。
執事を通じてアジトを管理したりギルド専用のカプラ倉庫職員や商人(未実装)を雇うことができます。
毎日1回ずつ他の地域にはないアイテムを獲得することもできます。
カプラ職員を雇うと転送サービスを格安で利用することができます。(グラストヘイムへの移動もあり)

執事NPC
ギルドマスターは執事NPCを通じてギルドの運営を決めてアジトを
管理することができます。
アジト状況表示 アジトの全体的な状況を見られます。
商業発展投資 商業投資を通じてアジトの商業値を高めます。商業値はアジト生産品目の種類と数量に影響を及ぼします。
防御投資 防御投資を通じてアジトの防御値を高めます。防御値はアジトのエムペリウムの防御力とHPに影響を及ぼしガーディアンのHPにも変化が現れます。
ガーディアン設置及び修理 アジトを守るガーディアンをアジト内部に設置/修理することができます。ガーディアンを設置すればアジトを狙う他のギルドからアジトを守ることが一層易しくなります。
倉庫職員雇用 アジトにカプラ職員を雇ったり解雇することが出来ます。雇用された職員を通じてギルドメンバーは無料でアイテムを倉庫機能を利用できます。また転送サービスも格安で提供されております。
マスタールームへ行く ギルドマスターだけが入ることができる部屋がアジト内部に存在します。この部屋ではギルドの発展値によって毎日1回ずつレアアイテムが出ます。

C)2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
(C)2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。